自分に合った素敵なウエディングドレスの選び方

白いウェディングドレスの女性

必要なアイテム

風船と花嫁

ウエディングドレスを着る場合、いくつか必要なアイテムがあります。ヘッドドレスという頭につける飾りや、ウェディングベールと呼ばれる顔を覆う布が必要です。いずれもドレスとバランスを考えて選んでいきます。

More...

実際に試着する

カラフルな花束と二本の指輪

自分に似合うウエディングドレスを選ぶ場合は、試着を多くしてみることが大切です。実際に着てみないと本当に似合うかどうかはわからないことが多く、身長や体型だけでは判断することはできません。

More...

メイクリハーサル

身を寄せ合う新郎新婦

ウエディングドレスを決めた後、メイクやヘアスタイルを決めていきます。メイクリハーサルを行い、ドレスに合ったメイクやヘアスタイルを決めていきます。その際には、実際にアクセサリーもつけていきます。

More...

ドレスショップ

ドレス裾の曲線と花びら

ウエディングドレスを選ぶ場合は、街のドレスショップもしくは結婚式場やホテルのドレスショップと分けることが出来ます。結婚式場やホテルのドレスショップはドレスサロンとも呼ばれており、持ち込みの有無等も変わってきます。

More...

ドレスを選ぶ

ドレスとブーケ前面上方

結婚式は多くの女性の憧れです。
多くの人が結婚式に着るウエディングドレスを着てみたいと考えています。
ドレスを着るのなら、こんなドレスがいいなと日頃考えている女性も多いようです。
ウエディングドレスは、結婚式の中でも重要なポイントです。
花嫁さんは多くの人がドレスの試着を行うことで、自分が花嫁になるということを自覚します。
新郎新婦の両親も、ウエディングドレス姿を見ることで成長を感じ、新たな門出だということを改めて認識していきます。

ウエディングドレスのシルエットは基本的に5種類のものがあります。
シルエットによって雰囲気が大きく異なります。
Aラインやプリンセスライン、それからマーメイドラインやエンパイアライン、更にはスレンダーラインと呼ばれるものまで揃っています。
自分の体型に合わせてドレスを選んでいくことで似合うものを探せます。
背が高い人は、上半身にボリュームのあるスタイルを選んだり、肩をすっきりと見せて下はゆったりとしたものを選んでいる人が多いです。
背が低い人は、Aラインのドレスを着たり、お腹まわりをすっきりと見せたりするようなスタイルのものを選んでいます。
人それぞれ似合うものや好みが異なるので、試着を行い自分に合うドレスを選ぶことが大切です。

また、どこで挙式を行うかによって選ぶドレスも異なってきます。
会場の雰囲気や、会場の作りによって着るドレスを選んでいくことが大切です。
肌の露出を控えたものやボリュームのあるドレスなど、それぞれが映える会場やレストランがあります。歩き方に制約が出る場合はスレンダーなものを選ぶのが最適です。
教会で挙式を行う場合は、肌の露出を控えたドレスを着用することが大切です。
結婚式場やホテルなどはスポットライトがあるので、ボリュームのあるドレスの方が映えます。
会場に合わせてドレスを選ぶようにすると良いでしょう。